葬儀・葬送の新しい価値をご提供する 神奈川こすもす

法人へのお問い合わせ ご葬儀のお問い合わせ 株式会社 神奈川こすもす

一般社団法人日本クオリティオブライフ協会 代表理事 清水晶子の想いが一冊に!

終活に多くの方が取り組んでいます。でも、一方で終活ブームのなか、終活の本質の部分―何のために終活をするのか―これが少しだけブレてきているようにも思えます。
終活において、みなさんが口にするのは「迷惑をかけたくない」ということ。でも、人は生まれてくるときも、そして死ぬときも、誰かの世話になるのです。エンディングノートを書いても、遺言を遺しても、葬儀やお墓について万端の準備を整えたとしても、遺された方のお世話にはなるのです。
それでも「迷惑」がキーワードとなるのには、エンディング期の「いい知れぬ漠然とした不安」があるからです。健康のこと、介護のこと、認知症のこと、お金のこと、お葬式のこと、お墓のこと、供養のこと、そして迫りくる死の不安。いろいろな不安がエンディング期のあなたを悩ませています。終活とは、こうした不安にひとつずつ向き合って、よりよい解決策を見出す活動です。もっとも大事なのは、あなた自身の生活の質(クオリティ・オブ・ライフ=QOL)を維持向上させ、エンディング期をより豊かに生きるための前向きな活動なのです。
迷惑をかけないように死の準備をする、後ろ向きな活動ではありません。でも、不安の範囲は医療や法律、葬儀関係、宗教的分野、保険やファイナンシャルプランなどとても広く、なかなか一人ですべてをカバーすることはできません。また、それぞれの分野には専門家がいますが、トータルにエンディング期の不安を相談できる専門家がいないのが現状です。
そこで、一般社団法人日本クオリティオブライフ協会を立ち上げ、エンディング期のみなさんの不安をお聞きする窓口として、終活診断士という資格を創設しました。終活診断士の活動内容をご紹介し、よりよい終活を実践してもらう。これが本書の目的です。「迷惑をかけない」という心がけはとても大切なものです。でも、一歩進んで「ああ、いい人生を送ったんだね」といわれる終活をしましょう!

書籍情報

■終活のルール(清水晶子 著 出版元:本分社)税別1,200円
※神奈川県内および全国主要書店で2014年6月

■amazonからオンラインでもご注文いただけます。 終活のルール(amazon)

採用情報
全日本宗教用具協同組合経済産業省認可法人
全日本宗教用具協同組合 加盟企業
日本葬祭情報管理協議会(JFIMA)一般社団法人
日本葬祭情報管理協議会(JFIMA)
PIP認証取得
日本儀礼文化調査協会(JECIA)一般社団法人 日本儀礼文化調査協会 (JECIA)
格付評価5つ星認定
神奈川コスモス カナガワコスモス かながわこすもす かながわコスモス カナガワこすもす